フリーのエンジニアといっても、派遣と在宅ではぜんぜん違う。

派遣エンジニア VS 在宅エンジニア の話ではない

派遣がいいとこ在宅がいいとか、どっちが優れているかということを論じたいわけではありません。
最初に言っておかないと、論争になってしまうので・・・

この論争は、決着はつきません。
結局、自分が良いと思った働き方で働けばいいし、相手に合わせることもないんだから。

ちなみに、私は、20年以上、在宅でやっていますので、「在宅派」です。
なぜなら、人と会うのが苦手なので、極力会わなくて済む在宅でやっています。

 派遣エンジニア

フリーのエンジニアで、派遣で仕事をしている人がいます。
派遣は、決められた会社に毎日通うタイプの働き方です。

世の中には、派遣会社が多数あって、その中でもエンジニアの案件が強い会社があるので、そこに登録されると紹介されます。
仕事は、派遣会社が取ってきてくれるから、自分の興味のある仕事を選んですることが出来ます。

自分で営業をしない分、稼ぎやすいのは派遣だと思う。

しかも、正社員に比べて単価が高い。

労働も、無茶な残業はない・・・とは言えないけど・・・正社員よりはマシ。

ただ、派遣に応募するたびに、派遣先の面接を受けて受からないといけないというプレッシャーはあるかと思う。

受かったとしても、仕事が出来ないと派遣契約を延長されない恐れもあります。

在宅エンジニア

在宅は、なんといっても自由。

自分で仕事を見つけてこないといけないけど・・・

稼ぎは青天井!!

これは・・・

 

月に100万円稼いでやるぜー

 

でもいいし、

 

月に1週間だけ働いて、20万を稼いでやるぜー

 

でもいい。

本当に働き方が自由

不安定になりがちな在宅だけど、慣れれば大丈夫さ。

 

人間なんて、どんな環境にも馴染むもんなんだから・・・

 

だって、人間だもん・・・

 

それは違う・・・