なぜ、大きな仕事を取ってこないといけないのか。

小さい仕事ばかりだと疲弊する

仕事の規模を考えると、ある程度大きな仕事を取ってきた方が安定します。

その規模がどれくらいかというのは、人それぞれでしょうが、私の感覚だと、300万円ぐらいの規模は欲しいかなと思う。

例えば、アンケートフォームをお客さんのホームページに設置するという仕事が、3000円であったとします。
アンケートフォームを作るのではなく、既存のものを設置するなら、コレぐらいの単価になると思う。

で、この仕事で300万円稼ごうとすると、1000個設置しないといけない。

1000個設置するためには、1000回の営業をしなければいけないから、効率が悪いわけです。

もっと問題なのは、副業とか、学生のアルバイトでも出来てしまうということ。

参入障壁という考え

ある程度の規模になると、片手間では出来ないから、しっかりと取り組んでいる人以外は出来ないんです。

設置代行であれば、ちょっと勉強した人でも出来るけど、大きなプロジェクトになれば、それなりのスキルを付けないと納品できないわけです。
(この業界は、納品しない人が多いのも事実です。それは、また別の話)

規模とスキルで壁をつくって、無用な争いを避けることで、仕事も安定してきます。

それが、規模を大きくすることだと思う。

なぜ、大きな仕事を取りにいけないのか。

100万円を超える案件があれば、競業は企業になります。

その企業との営業合戦に勝たなければ受注できない。

で、最初はなかなか取れないわけですよ。

当然、営業のストレスがある。

辛くなってしまって・・・

 

営業のストレスから目の前の仕事で妥協する。

 

という行動を取りがちなんです。

だから、片手間で仕事をしている人は、なかなか手を出してこなくて、企業もやりたがらない、30~50万程度の、目の前にある仕事で妥協するんです。

その壁を超えるノウハウを身につけないと、一人でだらだらと仕事をするのは、難しいと思う。